FAQ

コピー制御とは何ですか?

デジタル放送では、不正コピー防止など番組の著作権を保護するために、コピー制御信号を加えて放送され、受信機がこの信号を受信してコピーの回数などを制御します。B-CASカードは、番組にかけられているスクランブルを解除するために利用されます。

NHKや無料民間放送は、B-CASカードを利用したこのようなコンテンツ権利保護の仕組みを2004年4月から導入しています。

このため、これらの放送を視聴する場合にもB-CASカードをデジタル放送受信機に挿入する必要があります。

詳しくは、下記のホームページをご参照ください。

一般社団法人放送サービス高度化推進協会(http://www.apab.or.jp/

ページ
TOPへ